谷川聡 Lab. > 最新情報 > 論文掲載 体育学研究 伸張-短縮サイクル運動の遂行能力からみたトップレベル男子バレーボール選手の跳躍パフォーマンスの特性

論文掲載 体育学研究 伸張-短縮サイクル運動の遂行能力からみたトップレベル男子バレーボール選手の跳躍パフォーマンスの特性

岡野さん 現帝京平成大学  (谷川研究室:コーチング学専攻博士課程)
論文が体育学研究に掲載されました。

「伸張-短縮サイクル運動の遂行能力からみたトップレベル男子バレーボール選手の跳躍パフォーマンスの特性」

 

同じジャンプでも遂行能力、遂行特性から目標像へのトレーニングを組み立てる必要性を示しています。

発掘、育成、強化の中で時間的要素を含めながら競技者を見極めて行くこと、それは非線形、ダイナミクス理論からのアプローチになります。博士論文では複雑系の理論を展開しながら論点を展開できるか、楽しみです。

 

「伸張-短縮サイクル運動の遂行能力からみたトップレベル男子バレーボール選手の跳躍パフォーマンスの特性」

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpehss/62/1/62_16068/_pdf