谷川聡 Lab. > 最新情報 > コーチングスタイル研究 森永エンゼルカレッジ 真のアスリートするために

コーチングスタイル研究 森永エンゼルカレッジ 真のアスリートするために

コーチングスタイル研究  森永エンゼルカレッジ

http://angel-zaidan.org/tanigawa-coaching-style/

 

アスリートとして子どもたちを小学校、中学校、高校、そして大学と年代を通じてどのようにコーチングをしていくべきか。

日本では、指導者、コーチとなる資格を学ぶ機会が大学や公認コーチ制度がありますが、

「個人と組織行動の心理学」を基に、より大きな枠で心理学・行動学からヒトの成長を捕らえ、現場で行われてきた実践的なコーチングを考えます。

スポーツコーチングは、コーチがアスリートに合わせて、指導行動と育成行動をおこなっていき、

アスリート自身が問題解決型思考を身につけていくことで、セルフコーチングできるようになることが最終目標です。

図子浩二 (2014)の論説に基づき、アスリートを育てるためのコーチングスタイル概論についてトップアスリートから、そしてトップコーチから実例をもとにそのステージごとに成長していく段階を学びましょう。